ecoja(エコじゃ)│環境ジャーナルWeb
TOP 内外ニュース 中国地域ニュース イベント・セミナー・募集 環境ジャーナル とっておきリンク

データライブラリー


エネルギー
温暖化
リサイクル
環境保全
エコ製品
環境経営・環境報告書
エコカンパニー
ISO14001認定企業
エコアクション21認定企業



住環境
エコライフ
スローフード
食育
田舎ぐらし
エコ商品



環境学習
エコクラブ
表彰・助成
工場見学
セミナー



グリーンツーリズム
市民農園
自然体験
フォト・川柳・エッセイ
道の駅・朝市
イベント



環境法規
リサイクル法
環境用語
本・資料
スペシャリスト
NPO・NGO


中国地域ニュース
コラムやまぐち
後始末


 その後の後始末のついていない案件が数件ある。まず尖閣ビデオ。「ユーチューブで公開して貰いました」、で後は知らん顔。しかし国民は知ってしまったので、政府はオフィシャルな見解、分析を、日本は言うに及ばす、世界に向けて発信する義務がある。マスコミや評論家の憶測を聞いて我々は自己判断しているわけであるから。中国船が体当たりを仕掛けるまでの海保とのやりとり、何隻の船が出没していたか、本物の漁船だったのか、現場で遭遇すればプロには分かる筈である。そして体当たり後、船長を逮捕するまでどのような動きがあったのか、現在の尖閣まわりはどういう状況なのか、尖閣事件のとき話題となった中国側のガス田掘削は今どうなのか等々知りたいところは多い。時が経ち、早くも風化してしまいそうだが、遅まきながらでも日本国として、未公開映像も含めて公式発表をするべきである。いくら何でもこのままではいけないだろう。これは大袈裟かも知れないが、日本の主権の問題である。
最近「尖閣を中国にあげたら」の視聴率タレント堀江氏の軽口が巷を賑わせているが、例えば、何かのことで因縁をつけられて金をせびられ、渡せばまた次を要求されるということはよく聞くし、相似
した話になりそうだ。この発言を、ある新聞の記者は支持しているらしいが、まさかその社全体の思想ではあるまい。尖閣はご存知のように、単純に島だけの問題ではなく、日本の漁業権や海底に埋蔵されているエネルギー資源の問題でもある。
次に、「議員やめるのや〜めた」の鳩山氏。今でも何かにつけて鳩山氏の発言を記事にするマスコミだが、何の意味があるのだろうか。発言がグルグル変わる御仁だから既に国民は見限っているというのに、なぜか鳩山コメントを取り上げるマスコミの鈍感さが不思議でならない。で、本人はすっかり長老気分だ。日本をここまで落としめた張本人の発言はもううんざりだ。蒸し返すようだが、鳩山家の月1千五百万円の子供手当。これだけの巨額のお金を貰いながら、「知らない」の一点張りだった。結局シラを切り通したままで、「勝利」は鳩山氏に転がった。この事件はそこで終わってしまった感がある。指摘され、贈与税後払いで、時効分は還付されたという。犯罪扱いにもならず、善良な庶民にとっては何と理不尽なことか。もうひとつは故人献金。こちらも言い訳と、シラを切り通して終わってしまった。今では忘れてしまっている「国民」が殆どだろう。結局人の噂も七十五日、逃げ遂せるものだ。しかし、決して許されたわけではない。国民はもう相手をしたくないだけの話だ。これらの後始末は全く終わっていない。与える側のタイガーマスクにはなれない人なんだろうな。


(入江 正敏  元・テレビ山口報道製作局長 山口メディア研究所代表)



環境ジャーナル表紙



会社概要著作権についてプライバシーポリシー広告掲載についてお問い合わせ

2007, The Ecology Journal. All rights reserved.