ecoja(エコじゃ)│環境ジャーナルWeb
TOP 内外ニュース 中国地域ニュース イベント・セミナー・募集 環境ジャーナル とっておきリンク

データライブラリー


エネルギー
温暖化
リサイクル
環境保全
エコ製品
環境経営・環境報告書
エコカンパニー
ISO14001認定企業
エコアクション21認定企業



住環境
エコライフ
スローフード
食育
田舎ぐらし
エコ商品



環境学習
エコクラブ
表彰・助成
工場見学
セミナー



グリーンツーリズム
市民農園
自然体験
フォト・川柳・エッセイ
道の駅・朝市
イベント



環境法規
リサイクル法
環境用語
本・資料
スペシャリスト
NPO・NGO


中国地域ニュース
食生活なんでも110番
竹林どこまで広がるの?


 タケノコの話題が出るころになりました。
 過日新幹線に乗る機会がありました。車窓の景色を楽しむつもりでしたが、なんと、どこまでも凄い勢いで竹がはびこり、山はもちろんの事、だんだんと畑に近寄っている風景も珍しくありませんでした。この勢いで竹林が広がると恐ろしくなります。生い茂っているので竹藪の中に入るのも恐ろしさを覚えますし、獣の格好の住処になっているとも考えられます。せめてこれ以上広がらない様に守りたいものです。
 手入れの無い山のタケノコの食感はどうでしょう?生い茂って掘り起して収穫ができるのかも気になりますし、栄養素はあまり期待できそうにありませんが、食物繊維は豊富ですので、是非柔らかいタケノコを食しましょう。
 和食にも、洋食にも、中華にも使える食材ですので是非新鮮な春の味を楽しみましょう。そして、この季節、不要な竹は柔らかいうちに伐採し、これ以上、竹をはびこらせないようにしましょう。

(湯川 和子)



環境ジャーナル表紙



会社概要著作権についてプライバシーポリシー広告掲載についてお問い合わせ

2007, The Ecology Journal. All rights reserved.